足のむくみ 病気

足のむくみは病気の可能性がある?

足のむくみ|病気

足のむくみは姿勢や生活習慣の影響で起きるケースの他になんらかの病気によって起きている場合があります。

 

むくみの主な傾向には一過性のむくみ、特発(突発)性のむくみに加えて病気によるむくみがあります。
病気によるむくみは、外部からの影響よりも臓器や組織の機能が低下していたり、病気になっていることでむくみが起きるのが特徴です。

 

基本としては自己判断でセルフケアをするのではなく、専門医師による診断を受けた上で適切な治療を行うことが重要です。

 

むくみを起こす病気や症状について

体のむくみを起こす病気や症状は様々です。
例えば、

  • 循環器系:右心不全・肺性心・深部静脈血栓症・慢性静脈不全症・下肢静脈瘤・リンパ浮腫・肥満性浮腫など
  • 血液・代謝・内分泌系:甲状腺機能低下症・慢性甲状腺炎・脚気など
  • 消化器系:肝硬変・たんぱく質漏出性胃腸症など
  • 泌尿器系:ネフローゼ症候群・急性腎炎症候群・慢性腎炎症候群など

などがあります。

 

循環器系の症状によるむくみ

心臓や肺、リンパ系や静脈の病気が多く、どれも放置すると危険な症状ばかりと言えます。
また、深部静脈血栓症などは一般的にエコノミー症候群と呼ばれる症状で、長時間同じ姿勢などによって起きやすく、私達と縁遠い症状と言えないものもあります。

 

また右心不全など心臓の機能が低下するいわゆる心不全も関わるため、しっかりと医師による治療を受ける必要がありますね。

 

循環器系の場合

  • ちょっとした動きで息切れをする
  • 眠りについてから息苦しくなって目が覚める
  • 尿量が減った
  • 咳や痰が出やすい
  • 倦怠感、吐き気、食欲低下

といった症状がむくみの他にある時には病院への相談を検討する必要がある可能性があります。

 

また、下肢静脈瘤の場合は足にだるさやほてり、かゆみなど足のむくみに加えてこれらの症状が出る場合があるとされています。
下肢静脈瘤は若年層でも起きる場合が多く、血液の循環が悪くなるのが原因とされています。

 

例えば、

  • 足のむくみ方に左右違いがある場合
  • 膝下から足首にかけて黒ずみや色味が暗くなっている
  • 湿疹以外でかゆみを感じる
  • 足がつりやすい
  • 朝になってもむくみが収まらない
  • 膝周りもむくみがある

という場合にはいわゆる隠れ下肢静脈瘤の可能性を疑う必要があるとされています。
冷えや腰痛、頭痛といった症状が起きやすく、長時間の立ち仕事やデスクワークといったむくみの原因になりやすい仕事も下肢静脈瘤の原因の一つとされています。

 

肝臓など消化器系の症状によるむくみ

血液を作る場所でもある肝臓や胃腸などの運動が弱まることで、ガスがたまり膨れやすくなるといわれており、この時に肝臓などの臓器を圧迫してしまうなどすることで機能が低下しやすくなる可能性があるとされています。

 

便秘などでお腹がパンパンといった方は冷えやむくみも起きやすいですが、これらの影響による可能性が考えられます。

 

また、血管内の水分を保持する成分アルブミンが、肝臓が弱るなどして機能が低下した時に生成がされず、動脈の水分が血管の外にでやすくなってしまうことでむくみに繋がる場合があります。またこの状態は静脈の血管に水分が戻りづらくなることも影響しており、むくみに繋がるとされています。

 

肝臓系の場合

  • 白目部分や肌に黄疸が見られる
  • 倦怠感、疲れやすい
  • 食欲不振、吐き気、膨満感
  • 体のかゆみ

といった症状が出る場合があるため、むくみと共にこれらが気になる時には病院への相談が必要だと考えられます。

 

腎臓疾患

腎臓は排尿などにもかかわる体の水分調節で重要な役割を担っています。腎臓機能が低下することで尿が出にくくなる、もしくは尿量が少なくなるなどして、むくみを起こす場合があります。また、血中のタンパク質濃度の低下と脂質の増加といった時に起きる疾患なども考えられます。

 

肝臓と腎臓がなんらかの不調になっているとむくみとして症状に表れやすいため、一過性のむくみや、特に思い当たるふしが無いのに慢性的にむくみを感じる時などは注意が必要です。

 

腎臓の不調は

  • 色が濁って泡立ちが目立つ
  • 尿の色が茶色く濃い
  • トイレの回数が増えた、頻尿気味
  • 高血圧

などの症状が出やすいとされています。むくみの他にこれらが気になる場合には病院への相談を検討する必要性もあります。

 

むくみが気になる時にかかる診療科は何科?

循環器系、肝臓、腎臓といった内臓の疾患による影響が考えられるむくみの場合は

  • 内科
  • 循環器内科
  • 消化器科
  • 泌尿器科
  • 婦人科
  • 心臓血管外科
  • 腎臓内科

などがありますが、自分の体の症状が理解できている人は少ないので、基本は総合病院で相談した上で検査を行い原因となる病気に合わせた診療科に案内されます。

 

>>トップページへ


関連ページ

むくみに効くツボはある?
むくみ対策に効果的なツボの種類をマッサージのポイントを交えてご紹介しています。
足のむくみを解消する靴下・ソックスの効果は?
足のむくみが気になる時に役立つむくみ対策の靴下やソックスの効果について解説しています。実際に足のむくみ対策靴下を試す時の選び方についてもご紹介しています。