足のむくみ 靴下

足のむくみを解消する靴下・ソックスの効果は?

着圧ソックス|弾性ストッキング|効果

足のむくみを日常生活の中で予防したり、症状を緩和させるのに役立つアイテムが足のむくみ対策の靴下やソックスです。
これらは着圧ソックスもしくは弾性ストッキングと呼ばれており、種類も沢山登場しています。

 

足がむくみやすい方、立ち仕事やデスクワークをする方にとってはむくみ対策の基本とも言えるアイテムです。

 

市販では

  • ストッキングタイプ
  • ハイソックス(膝上・膝下)
  • タイツ(お部屋用・お出かけ用)
  • 妊婦さん用

などがあります。

 

キュットスリムやスリムウォーク、サテンラボ、メディキュット、レッグドレナージュなどが知られていますし、他にも様々な種類が登場しています。

 

市販だけでなく、医療用もあります。

 

これらは足のむくみ対策アイテムとしておすすめされることが多いですが、どのような仕組みや効果でむくみに働きかけているのでしょうか?

 

着圧ソックス・弾性ストッキングのむくみへの効果とは?

着圧ソックス|弾性ストッキング|効果

着圧ソックス・ストッキングは足全体に適度な圧力を与えることで、ポンプ機能が弱まったり、衰えたりした状態をサポートして足に血液が溜まりにくい状態を作ります。

 

この圧力によって

  • 血液循環を助ける
  • リンパ液の流れを促し助ける
  • 老廃物が溜まるのを防いで除去する働きをサポート

といった効果が期待できるとされています。
着圧ソックスは元々は医療目的で、下肢静脈瘤や深部静脈血栓、リンパ浮腫といった病気の予防として用いられてきたものが、一般用に改良されて購入できるようになった経緯があります。

 

血液の循環は絶えず行われていますが、この中で立ち仕事やデスクワークといった巡りが滞りやすい状況が長く続くことで、循環がスムーズにいかなくなり、むくみが生じやすくなります。この状態を補助してくれるのが、着圧ソックスや弾性ストッキングというわけです。

 

最近では足痩せのアイテムとしても用いられることが多いですね。

 

着圧ソックス・弾性ストッキングの選び方

着圧ソックス・ストッキングを選ぶ場合には

  • 圧力が適しているもの
  • サイズをしっかりと合わせる
  • 使用するシチュエーションに合わせて選ぶ
  • 初めての方は弱めの圧力かアドバイスを貰って購入

圧力が適しているもの

着圧ソックス・弾性ストッキングはそれぞれ、圧力の大きさである着圧レベルがあります。
着圧レベルにはmmHg(ミリエイチジー)hPa(ヘクトパスカル)があり、他にもストッキングの糸の太さを表すデニールがあります。これらの数値が高い方が圧力が大きくなります。

 

1mmHg=1.33hPaとなります。

 

着圧レベルはむくみの症状の段階に合わせて

  • 約10〜20mmHg、hPa:軽いむくみがある時などの予防
  • 約20〜30mmHg、hPa:むくみがひどい時
  • 約30〜40mmHg、hPa以上:医療用にも用いられる

というのが目安とされています。

 

デニールの場合は

  • 70デニールくらいまで:一般的なストッキングの着圧に近く軽めの血液循環の補助に役立つ
  • 70〜140デニールくらいまで:むくみが気になる時におすすめされるデニール数
  • 140〜280デニール:医療用にも用いられるレベルの強圧があり、タイツに近い

というのが目安となります。

 

また、基本として足の各部位に適した圧力は

  • 足首で約20〜30mmHg、hPa程度
  • ふくらはぎで約10〜20mmHg、hPa程度
  • 太ももで約5〜15mmHg、hPa程度

という感じで、心臓から遠い場所の圧力が大きく、近づくに従って小さくなるというのが基本となり、むくみの予防に対して効果が期待できるとされています。

 

サイズをしっかりと合わせる

着圧ソックス・弾性ストッキングは、それぞれの場所で適した圧力をかけることで効果を発揮します。
サイズが合っていないと、必要以上に圧力を感じる場合、大きいと圧力不足にもなるため、期待した効果が得られにくい状態になります。

 

使用するシチュエーションに合わせて選ぶ

外出時や仕事時のむくみ予防として用いる場合に適した圧力と、自宅で休む時に適した圧力は違います。
特に夜寝る時にあまり強い圧力をかけるのは体勢的に横になった状態で血液の流れに悪影響を与えてしまう(動脈閉そくなど)可能性があります。

 

長時間の締め付けは足にも負担がかかりますので、あくまで使用するシチュエーションに合わせて圧力を選ぶようにしましょう。

 

初めての方は弱めの圧力かアドバイスを貰って購入

着圧ソックス・弾性ストッキングは圧力やサイズが合っていないと、正しい効果が得られず、キツいだけで下半身の締め付けで体調にも影響が出る場合があります。

 

そのため、初めての場合は弱めの圧力のものを試して、少しづつ慣れていき、その上で段階を経ていくのがおすすめです。
もし、自己判断で選べない場合には一度病院にて相談をした上で、どれくらいの着圧のソックスを選ぶべきかのアドバイスを貰いましょう。

 

着圧ソックスが向かない人

持病をお持ちの方

着圧ソックスは持病を持つ方は使用前に医師への相談が必要です。
中でも、閉塞性動脈硬化症や糖尿病、バージャー病の方は使用に注意が必要とされています。

 

肌が敏感な方

着圧ソックスなどを長時間着用することで、肌に赤みが出たり、かぶれやかゆみなどが起きる場合がありますので、肌が敏感な方は肌の様子を見ながらの着用が基本です。

 

着圧ソックス・弾性ストッキングを愛用している人の口コミ

仕事がショップ店員なので、夕方になるとブーツやヒールがパンパンでツライので、弾性ストッキングを愛用しています。
最近ではダイソーの着圧ソックスも自宅用で使っています。

 

家に帰ってホッとした時に引き締めをしてくれるので良いです。ただもう少し肌さわりが良ければいいんですけどね。
でも最近は弾性ストッキングが無いと、夕方のパンパンな足が耐えられないので手放せませんが、このままで健康的に良いのかな?と気になることもあるので、食生活も変えていかないといけませんね。

 


 

ふくらはぎがむくみがある時に数センチの違いがあるくらいひどい時期がありましたが、医療用として作られた弾性ストッキングのT.E.Dサージカルストッキングを使ってみましたが、今までのものよりもかなり良いです。お値段もしますが、それでもつらいむくみの時に寝る前まで履いたりしています。

 

強い着圧に慣れると弱いものは効いていないような気がしてしまいますが、つらい時にはこれしかないという感じです。

 

ふくらはぎ痩せをしたい人など足痩せダイエットでも注目されていましたし、嬉しい効果を体験している人も多いですね。

 


 

着圧ソックス・弾性ストッキングはあくまでサポートとして捉えるのが基本

着圧ソックス|弾性ストッキング|効果

着圧ソックス・弾性ストッキングはむくみ予防に一定の効果が得られるため、愛用されている方が多いですが、むくみを起こさないように足自体がしっかりと機能していることが本来の形です。

 

そのため、日常的に使用することで、足の本来の機能を低下させてしまうことにも繋がるので、頼りすぎはよくありません。

 

むくみは外側からのケアだけでなく、食生活などの生活習慣の影響がとても大きいです。
そのため、内側からのケアにもしっかりと目を向けた上でむくみ予防に着圧ソックス・弾性ストッキングを取り入れることをおすすめします。

 

食生活が偏りがちでむくみをなんとかしたいという方は栄養補助としてむくみサプリもおすすめです。
また、サプリメントだけでなく、むくみの解消効果が認められている医薬品や漢方薬などを取り入れることでむくみ対策を行えます。

 

特に漢方薬は身体本来のチカラやバランスを整えるのに働きかけるのに長けているため、便秘や貧血、冷え症、太り気味といったむくみに繋がりやすい症状に適した処方の漢方薬も市販されているので、毎日夜にむくみが気になるという方はチェックしてみてはいかがでしょう?

 

>>むくみに効く漢方薬はこちら

 

 

生漢煎防風通聖散|公式サイト


関連ページ

むくみに効くツボはある?
むくみ対策に効果的なツボの種類をマッサージのポイントを交えてご紹介しています。
足のむくみは病気の可能性がある?
病気によって足のむくみが生じているケースについて、どんな原因が考えられるのか一般的に注意喚起されている疾患や病気、生活習慣を交えて解説しています。