ケイガイ 荊芥

ケイガイ(荊芥)の効能・作用|生薬の種類

ケイガイ(荊芥)は風邪などの症状に持ちられることが多く、発汗を促し、熱や喉の痛み、冷えなどを発散させ取り除くのが特徴で、皮膚表面の熱症状を熱を発散させることで解消させるのに働き働きかけるのが特徴とあります。

 

荊芥に含まれる精油の辛くて苦い成分によって内臓を刺激、胃腸機能を亢進させるという働きがあるとされています。
そのため、体が弱っている、もしくは弱い人には向かないとされています。

 

ケイガイ(荊芥)の効能には

  • 解表:体内表面の邪気を除く※発汗させ表邪を発散する
  • 利咽:喉の炎症や痛みを緩和、改善させる働きや潤いを与え乾燥を防ぐ
  • 消腫:むくみや腫れものなどの腫れた状態に作用
  • 止血:出血している状態を止める

といった効能があり、

  • 解熱作用
  • 発汗作用
  • 抗菌作用
  • 止血作用
  • 解毒作用
  • 鎮痛作用
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • 化膿抑制作用

などがあります。特に感冒(かぜ)による発熱、頭痛や鼻炎、喉の痛み、腫れものなどがある時に用いられることが多いとされています。
漢方薬に含まれる生薬ではポピュラーな存在でもあり、特に風邪薬や鼻の不調を緩和させる薬などに用いられています。

 

また、肥満症対策の薬、漢方薬にも配合されることもあり、代謝を高める働きを目的として処方されています。(防風通聖散※ボウフウツウショウサンなど)
最近では脂肪細胞に働きかけ、ノルアドレナリンの働きを持続させるという効果も明らかになってきているため、脂肪燃焼の面でも期待されて配合されていることが多いようです。

 

ケイガイ(荊芥)のむくみに対しての作用

むくみや腫れものといった症状に対する消腫の効能を持ち、むくみに働きかけます。

 

ケイガイ(荊芥)に含まれる成分

ケイガイ(荊芥)に含まれる成分には

  • モノテルペノイド
  • フラボノイド
  • フェニルプロパイノイド
  • 精油成分(d-メントン、リモネン、カンプ工ンなど)

などが含まれています。

 

ケイガイ(荊芥)の味(性味)の特徴

味は辛く苦みがあります。
生薬の性味・五気では

  • 微温性:冷えの症状を改善する
  • 辛・苦味:体を温め、発汗作用で発散させる・熱を取り心に作用する

以上に分類されます。

 

ケイガイ(荊芥)の副作用

生薬の副作用として精油を多く含むためか、嘔吐、吐き気を感じる場合があるとされています。

 

ケイガイ(荊芥)の原料となる植物

ケイガイ(荊芥)はシソ科(シソ科イヌハッカ属)のケイガイの花穂を乾燥させたものを使用しています。
草丈60〜100センチほどあり、シソ科特有の香気があるのが特徴です。

 

全体が灰色っぽい白い柔らかな毛が生えているのが特徴です。
小花が淡い紫紅色で穂状になった時に採取して加工されます。

 

中国や北朝鮮に分布する1年草で、日本では特定の農家で生薬荊芥として栽培されています。

 

また、荊芥を黒く炒めたものを黒荊芥、もしくは荊芥炭といい、この二つは出血した時の時間や凝結時間を短縮させる効果が期待できるとされています。
他にもケイガイの花穂だけを使用したものを荊芥穂といい、全てを使用した全草と比較すると発汗作用が強いというのが特徴です。

 

ケイガイ(荊芥)が使用されている主な漢方薬

  • 銀翹散(ギンギョウサン)
  • 駆風解毒散(クフウゲドクサン)
  • 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)
  • 荊防敗毒散(ケイボウハイドクサン)
  • 五物解毒散(ゴモツゲドクサン)
  • 治頭瘡一方(ヂズソウイッポウ)
  • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)
  • 消風散(ショウフウサン)
  • 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)
  • 川きゅう茶調散(センキュウチャチョウサン)
  • 洗肝明目湯(センカンメイモクトウ)
  • 当帰飲子(トウキインシ)
  • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)

 

ケイガイ(荊芥)を含む市販薬

上述した漢方薬以外に市販薬で、名称が違う薬も販売されています。

 

クラシエ|ベルエムピ錠

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)の処方を用いた市販薬で、慢性鼻炎や蓄膿症、慢性扁桃炎、にきびの症状に働きかけます。
眠くなる成分を含まないため、仕事などの時にも飲みやすいというのも特徴です。

 

コタロー|ケイガインN

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)処方で鼻のお悩みに対して働きかける薬で、過敏な体質、アレルギー体質で外部からの刺激に敏感な方におすすめされています。

 

コタロー|ニキビを体の内から治す漢方薬・ニキビ薬N

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)を用いたお薬で、ニキビ対策のお薬です。ニキビによる腫れを和らげ、膿の排出を促し、熱を冷ますといった効果が期待できます。赤み

 

赤く大きめの充血性ニキビ、化膿性ニキビ、思春期などの赤みニキビにもおすすめされています。

 

大鵬製薬|内服液銀翹散

銀翹散(ギンギョウサン)処方による風邪の症状に効く内服液です。風邪によるのどの痛み、せき、渇きの他、頭痛がある時にもおすすめされています。

 

ケイガイ(荊芥)を使った薬の特徴

ケイガイ(荊芥)を使用した風邪薬は多く、寒気、喉の痛み、発熱といった風邪の症状に効果が期待できるものが多いです。
他にもニキビによる腫れを治す、もしくはかゆみやじんましんを治すといったタイプの薬もあり、皮膚表面の熱を冷まし炎症を鎮めるといった効果が期待できるのも特徴です。

 

漢方薬はそれぞれの生薬のバランスで実に様々な効果を持ち、症状に当てはめることができるため、一概にケイガイ(荊芥)だけの効果ではありませんが、ケイガイ(荊芥)が持つ、熱を発散する、喉の不調を和らげ、腫れやむくみを治すといった効能が活かされている漢方薬も多いです。

 

>>トップページへ