キキョウ 桔梗

キキョウ(桔梗)の効能・作用|生薬の種類

キキョウ(桔梗)は古くから桔梗根の生薬として用いられてきた歴史がある生薬です。また、根部分にはサポニンやイヌリンといった近年、注目の成分が含まれていて、健康面で役立つ生薬の一つとして認識されています。

 

漢方的なキキョウ(桔梗)の効能には

  • 止咳:咳を止める働き
  • 去痰:痰を除くこと
  • 排濃:皮膚で滞った水が熱を帯びた膿の排出を促す

といった効能があり、

  • 気道分泌促進作用
  • 去痰作用
  • 抗炎症作用
  • 利尿作用
  • 消腫作用
  • 鎮痛作用
  • 抗潰瘍作用
  • 記憶障害改善作用
  • 高血糖の改善作用
  • 脂質代謝改善作用
  • 唾液分泌促進

などがあります。
膿の生じた喀痰や化膿性の腫れものに作用して治すのに働きかけるのが特徴です。
特に薬効成分のサポニンに喉の痛みを抑える働き、そして咳や痰を和らげるのに効果を表すとされています。

 

キキョウ(桔梗)のむくみに関わる作用

キキョウ(桔梗)に含まれるサポニンには利尿作用があるため、余分な水分、老廃物などを排出するのに必要な排尿を促すことで体内の水分量の調整をサポートする働きが期待できます。

 

利尿作用と消腫作用がむくみに対して働きかけます。

 

キキョウ(桔梗)に含まれる成分

キキョウ(桔梗)に含まれる成分には

  • サポニン
  • ステロール
  • 多糖類(イヌリンなど)
  • トリテルペノイド

などが含まれています。やはりポイントはサポニンの存在で、キキョウ(桔梗)の効能にはサポニンによる作用が大きく関わっていることがわかっています。
ちなみにサポニンにはコレステロールの除去、過酸化脂質の生成を抑制するといった働きが期待できるとされています。

 

桔梗の他に大豆や高麗人参にも含まれています。マメ科の植物に多く含まれていて、苦みやエグみの素でもあります。

 

サポニンの健康に役立つ働きには

  • 肥満予防
  • コレステロール値を下げる
  • 血流を良くする
  • 免疫力を高める
  • 肝機能を高める

といった働きに関わっています。

 

サポニンは天然の界面活性剤としても知られていて、水に溶けると石けんのように発泡する作用を持つことでも知られています。

 

イヌリンは糖の吸収を抑える働きや腸内環境を整える水溶性食物繊維の一種です。また、私達人間はイヌリンを分解する酵素を持っていないため、吸収されずに排出されます。

 

キキョウ(桔梗)の味(性味)の特徴

味は苦味があります。
生薬の性味・五気では

  • 平性:程良い熱寒性
  • 苦・辛味:熱をしずめ湿を乾かす・発散によって停滞を動かす

以上に分類されます。

 

キキョウ(桔梗)の副作用

胃腸の粘膜に対して刺激性を持つとされており、胃腸が弱い方、胃潰瘍や胃炎の場合には使用しないとあります。
痩せていて体が衰弱している状態の時には連続使用や多用を避けることが勧められています。

 

キキョウ(桔梗)の原料となる植物

キキョウ(桔梗)はキキョウ科のキキョウの根を乾燥させたもので、秋の七草のひとつとしても知られていて、青紫色や白色の花を6〜10月頃に咲かせます。
草丈50〜100cmほどの多年草草本の一つです。昔から観賞用として親しまれてきており、切り絵としても使用されてきた歴史があります。

 

古くは中国北東部、朝鮮半島などの野山に自生していて、日本各地でも確認できましたが、現在は絶滅危惧種に指定されるなど、数が減っています。

 

キキョウを使った漢方薬の一つ桔梗根には皮つきのまま乾燥させた生干桔梗と皮を使用していない晒桔梗の2種類があります。

 

キキョウ(桔梗)が使用されている主な漢方薬

  • 杏蘇散(キョウソサン)
  • 烏薬順気散(ウヤクジュンキサン)
  • 延年半夏湯(エンネンハンゲトウ)
  • 加減涼隔散(カゲンリョウカクサン)
  • 外台四物湯(ゲダイシモツトウ)
  • 桔梗石膏(キキョウセッコウ)
  • 桔梗湯(キキョウトウ)
  • 響声破笛丸(キョウセイハテキガン)
  • 銀翹散(ギンギョウサン)
  • 駆風解毒散(クフウゲドクサン)
  • 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)
  • 荊防敗毒散(ケイボウハイドクサン)
  • 鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)
  • 五積散(ゴシャクサン)
  • 参蘇飲(ジンソイン)
  • 参苓白朮散(ジンレイビャクジュツサン)
  • 滋腎明目湯(ジジンメイモクトウ)
  • 柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)
  • 柴胡枳桔湯加五味(サイコキキツトウカゴミ)
  • 柴梗半夏湯(サイキョウハンゲトウ)
  • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)
  • 小柴胡湯加桔梗石膏(ショウサイコトウカキキョウセッコウ)
  • 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)
  • 清肺湯(セイハイトウ)
  • 千金内托散(センキンナイタクサン)
  • 洗肝明目湯(センカンメイモクトウ)
  • 竹じょう温胆湯(チクジョウンタントウ)
  • 排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ)
  • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)
  • カッ香正気散(カッコウショウキサン)

 

キキョウ(桔梗)を含む市販薬

上述した漢方薬以外に市販薬で、名称が違う薬も販売されています。

 

ツムラ|漢方トローチ

喉の痛みや腫れ、咳といった症状を緩和するのに役立つトローチタイプの漢方薬です。
桔梗湯(キキョウトウ)処方で、カンゾウとキキョウが含まれています。

 

コタロー|桔梗石膏エキス錠

化膿性の炎症や去痰に作用するコタローの市販薬です。
セッコウとキキョウが含まれています。

 

キキョウ(桔梗)を使った漢方薬、桔梗湯

キキョウ(桔梗)を使った薬で有名なのが、桔梗湯ですね。主に喉の腫れや痛み、扁桃炎などの緩和に役立つ漢方薬として錠剤だけでなく、内服液としても販売されています。

 

他にも桔梗石膏の二つの生薬を使用した薬もあり、痰を抑えるのに効果が期待できるとされています。

 

>>トップページへ