オウゴン 黄ごん

オウゴン(黄ごん)の効能・成分|生薬の種類

漢方的なオウゴン(黄ごん)の効能には

  • 消炎:炎症を抑える・緩和する作用
  • 利胆:胆汁の分泌などに作用する作用作用
  • 解熱:熱を冷ます作用
  • 利尿:尿の排出を促す作用
  • 止瀉:下痢を止める作用

といった効能があり、薬理作用として挙げられているのが、

  • 解熱作用
  • 利尿作用
  • 抗菌作用
  • 抗アレルギー作用
  • 解毒作用

などがあります。

 

消炎や解熱を目的とした漢方薬に用いられる生薬の一つで、炎症や充血、発熱といった症状に用いられます。
また、胃腸の炎症、下痢、炎症性の結膜炎などにも効果を表すとされています。

 

漢方では代表的な清熱燥湿薬の一つでもあり、呼吸器、消化器、泌尿器といった場所の炎症や熱性の疾患にも幅広く用いられ、肺熱にも効果的だとされています。

 

他に頭痛やのぼせ、不眠の症状の緩和を目的とした漢方薬にも用いられます。

 

体温を調整しながら血圧を下げるといった働きもある他、利胆作用による胆汁の分泌や排せつを促進させるなど、肝障害の予防にも役立つ生薬となっています。

 

オウゴン(黄ごん)のむくみへの作用

利尿作用があり、余分な水分の排出をサポート、昔は冷えを温める入浴剤の成分としても用いられてきた歴史があります。

 

オウゴン(黄ごん)の副作用

空咳、発熱、息切れといった間質性肺炎、倦怠感、食欲不振などが稀に表れる可能性があるため、注意が必要です。

 

オウゴン(黄ごん)に含まれる成分

オウゴン(黄ごん)の成分には

  • フラボノイド(バイカリン、オウゴニン)
  • ステロール
  • カルタミジン
  • 糖類
  • アミノ酸

などが含まれます。

 

根部分にフラボノイドのバイカリンやバイカレイン、オウゴニンが含まれていて、バイカリンやバイカレインが利胆、抗炎症、抗アレルギー、利尿、鎮静作用を持つとされています。

 

オウゴン(黄ごん)の味(性味)の特徴

生薬の性味・五気では

  • 寒性:体を冷やし消炎や鎮静に作用
  • 苦味:熱をとり、固める。心に作用する

以上に分類されます。

 

オウゴン(黄ごん)の原料

シソ科のコガネバナの根を乾燥させたものを使用、根が黄色いことからコガネバナと名付けられていますが、花の色は名前に反して青や紫色なのが、特徴となっています。

 

コガネバナは高さ30〜60cmほどの多年草の一つで、茎は四角形なのが特徴です。根元部分が木質かして横に這うように生えています。
葉は長さ1.5〜5cmほどで、うっすらと毛が覆っているのが特徴です。

 

生薬として用いる時には根の皮を取り除いた後に乾燥させて使用します。

 

中国では東北部(河北、内蒙古、山西、山東、甘粛、陜西の各省)に分布、朝鮮半島やモンゴル、さらには東シベリアなど広く分布している植物でもあります。

 

日本では江戸時代に朝鮮から種子が輸入されたのが始まりで、薬用の他に観賞用として栽培されています。
オウゴン(黄ごん)はスカルキャップ、ヘンゴンとも呼ばれることもあります。

 

オウゴン(黄ごん)が使用されている主な漢方薬

黄連阿膠湯(オウレンアキョウトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
黄ごん湯(オウゴントウ)
乙字湯(オツジトウ)
乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)
温清飲(ウンセイイン)
加味解毒湯(カミゲドクトウ)
葛根黄連黄?湯(カッコンオウレンオウゴントウ)
甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)
甘露飲(カンロイン)
荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)
五淋散(ゴリンサン)
三黄散(サンオウサン)
三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)
三物黄ごん湯(サンモツオウゴントウ)
滋腎通耳湯(ジジンツウジトウ)

柴陥湯(サイカントウ)
柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)
柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)
柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)
柴蘇飲(サイソイン)
柴朴湯(サイボクトウ)
柴苓湯(サイレイトウ)
潤腸湯(ジュンチョウトウ)
女神散(安栄湯)(ニョシンサン)
小柴胡湯(ショウサイコトウ)
小柴胡湯加桔梗石膏(ショウサイコトウカキキョウセッコウ)
辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)
清湿化痰湯(セイシツケタントウ)
清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)
清上けん痛湯(駆風触痛湯)(セイジョウケンツウトウ)

清心蓮子飲(セイシンレンシイン)
清肺湯(セイハイトウ)
清肌安蛔湯(セイキアンカイトウ)
生姜瀉心湯(ショウキョウシャシントウ)
大柴胡湯(ダイサイコトウ)
大柴胡湯去大黄(ダイサイコトウキョダイオウ)
当帰散(トウキサン)
二朮湯(ニジュツトウ)
半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)
補気健中湯(補気建中湯)(ホキケンチュウトウ)
防風通聖散(ボウフウツウショウサン)
竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)
など他にも多数の漢方薬に用いられています。

 

オウゴン(黄ごん)を含む漢方薬ピックアップ

連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

体の熱や炎症をとり、機能の亢進を鎮める働きがあり、血圧が高めでのぼせのある方向けの漢方薬の一つです。
のぼせ、ほてりといった他にイライラ、不眠、動悸、胃炎、鼻血といった症状や高血圧に伴う肩こりやめまい、耳鳴りなどにも効果を表すとされています。

 

黄ごん(オウゴン)の他には黄連(オウレン)、黄柏(オウバク)、山梔子(サンシシ)といった生薬が含まれています。

 

柴朴湯(サイボクトウ)

喘息や気管支炎などで痰をともなう風邪の咳に用いられる漢方薬の一つです。

 

黄ごん(オウゴン)の他に柴胡(サイコ)、半夏(ハンゲ)、厚朴(コウボク)、茯苓(ブクリョウ)、蘇葉(ソヨウ)、人参(ニンジン)、大棗(タイソウ)、生姜(ショウキョウ)、甘草(カンゾウ)といった生薬が含まれています。

 

柴苓湯(サイレイトウ)

水分循環を改善、無駄な水分を取り除くのに用いられる漢方薬の一つです。胃腸炎、下痢や嘔吐の他に、むくみにも効く漢方とされています。

 

黄ごん(オウゴン)の他に柴胡(サイコ)、半夏(ハンゲ)、人参(ニンジン)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、大棗(タイソウ)、猪苓(チョレイ)、茯苓(ブクリョウ)、蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)、沢瀉(タクシャ)、桂皮(ケイヒ)といった生薬が含まれています。

 

>>トップページへ