レンギョウ 連翹

レンギョウ(連翹)の効能・成分|生薬の種類

漢方的なレンギョウ(連翹)の効能には

  • 解熱:熱を下げる作用
  • 消炎:炎症を抑える作用
  • 鎮痛:痛みを鎮める作用
  • 利尿:排尿を促す作用
  • 排膿:膿を排出する作用

といった効能があり、薬理作用として挙げられているのが、

  • 解熱作用
  • 消炎作用
  • 鎮痛作用
  • 利尿作用
  • 排膿作用
  • 抗菌作用

などがあります。

 

レンギョウ(連翹)は解熱剤や消炎剤、利尿剤、排膿剤、皮膚病の鎮痛剤として用いられてきた歴史があります。
熱性疾患、化膿性の疾患などに用いられる生薬の一つです。

 

古くから腫れものに効果的な薬として用いられてきました。

 

レンギョウ(連翹)のむくみへの作用

利尿作用があるため、熱を持ったむくみなどに用いられる漢方薬に処方されることがあります。

 

レンギョウ(連翹)の副作用

発疹、肌のかゆみ、胃の不快感、食欲不振、吐き気、腹痛、下痢といった症状が稀にあるとされています。
他にも間質性肺炎、手足のしびれ、偽アルドステロン症も稀に起こる場合があるとされています。

 

レンギョウ(連翹)に含まれる成分

レンギョウ(連翹)の成分には

  • トリテルペノイド
  • リグナン
  • フェニルエタノイド配糖体
  • フラボノイド

などが含まれます。
これらの構成によって抗菌作用が強いのが特徴でもあり、皮膚の疾患にも用いられることが多いです。

 

レンギョウ(連翹)の味(性味)の特徴

生薬の性味・五気では

  • 微寒性:体を冷まし、消炎や鎮静作用
  • 苦味:熱をとり固める作用で心に作用

以上に分類されます。

 

レンギョウ(連翹)の原料

レンギョウ(連翹)はモクレン科レンギョウ属の樹木の果実を乾燥させたものです。成熟した果実を秋に採取して、一度蒸気を通した後に乾燥させます。

 

また、レンギョウ属には近縁種がありますが、日本の漢方でのレンギョウ(連翹)はレンギョウとシナレンギョウの2種が主に用いられています。

 

漢方として以外でも庭木や街路樹としても用いられており、黄色い花を咲かせるのが特徴で、その様子は日本各地でも見ることができるのが特徴です。

 

植物としての繁殖力が高いのが特徴で、元は中国が原産で、中国以外で朝鮮半島、ヨーロッパでも植栽されている、ポピュラーな種として知られています。

 

レンギョウ(連翹)が使用されている主な漢方薬

  • 加減涼隔散(カゲンリョウカクサン)
  • 響声破笛丸(キョウセイハテキガン)
  • 銀翹散(ギンギョウサン)
  • 駆風解毒散(クフウゲドクサン)
  • 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)
  • 荊防敗毒散(ケイボウハイドクサン)
  • 治頭瘡一方(ヂズソウイッポウ)
  • 柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)
  • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)
  • 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)
  • 洗肝明目湯(センカンメイモクトウ)
  • 独活湯(ドッカツトウ)
  • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

鼻炎や蓄膿症など副鼻腔炎の症状や慢性化したニキビの症状に用いられる漢方薬の一つです。
ツムラやクラシエなど様々なメーカーから販売されており、クラシエでは別名でベルエムピL錠として市販されています。

  • ツムラ漢方荊芥連翹湯エキス顆粒
  • マツウラの漢方荊芥連翹湯エキス細粒
  • 一元ノンパースB
  • シンワ荊芥連翹湯
  • JPS荊芥連翹湯
  • クラシエ荊芥連翹湯エキス錠

などが市販で購入可能です。

 

連翹(レンギョウ)以外の生薬では黄ごん(オウゴン)、黄柏(オウバク)、黄連(オウレン)、桔梗(キキョウ)、枳実(キジツ)、荊芥(ケイガイ)、柴胡(サイコ)、山梔子(サンシシ)、地黄(ジオウ)、芍薬(シャクヤク)、川きゅう(センキュウ)、当帰(トウキ)、薄荷(ハッカ)、白し(ビャクシ)、防風(ボウフウ)、甘草(カンゾウ)が含まれます。

銀翹散(ギンギョウサン)

銀翹散(ギンギョウサン)はかぜによる喉の痛みや口の渇き、せきや頭痛といった症状に用いられる漢方薬の一つです。
かぜのひきはじめで熱がある時に用いられる他、眠くなる成分が含まれていないため、運転する方、受験生など薬による眠気が困るケースにおすすめされています。

 

葛根湯と似ていますが、葛根湯の場合には寒気のある風邪に対して用いられますが、銀翹散(ギンギョウサン)はのどの痛みを感じる風邪におすすめされています。

 

銀翹散(ギンギョウサン)に含まれる生薬には連翹 (レンギョウ)の他に金銀花(キンギンカ)、薄荷(ハッカ)淡豆シ(タントウシ)、荊芥(ケイガイ)、淡竹葉(タンチクヨウ)、蘆根(ロコン)、牛蒡子(ゴボウシ)、桔梗(キキョウ)、甘草(カンゾウ)といった種類が含まれています。

 

市販薬ではクラシエ銀翹散エキス顆粒Aが販売されています。

 

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)は顔の熱や炎症を緩和させ、皮膚病を発散させる働きがあるのが特徴の漢方薬の一つです。
顔の皮膚病の中でもニキビの治療などに用いられることが多いです。

 

効能としては化膿している首から上の赤にきびや顔や頭皮の皮膚湿疹にも効果を表すとされています。

 

そのため赤ニキビに対して有効な漢方薬として知られているため、ニキビでお悩みの方に利用されることが多いです。

 

医療用だけでなく、市販薬としても販売されており、

  • ツムラ漢方清上防風湯
  • 本草清上防風湯エキス錠H
  • 一元清上防風湯
  • 神農清上防風湯エキス錠
  • マツウラの漢方清上防風湯エキス細粒

などが市販で購入可能です。

 

連翹(レンギョウ)以外の生薬では防風(ボウフウ)、薄荷(ハッカ)、荊芥(ケイガイ)、黄連(オウレン)、黄ごん(オウゴン)、山梔子(サンシシ)、桔梗(キキョウ)、川きゅう(センキュウ)、白シ(ビャクシ)、枳実(キジツ)、甘草(カンゾウ)などが含まれています。

 

>>トップページへ