苓姜朮甘湯 りょうきょうじゅつかんとう

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)の効果・効能

むくみなどの症状に処方されることがある漢方薬の一つ苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)は体を温め、冷えによる足腰の不調などに用いられる漢方薬の一つです。
中でも腰を中心とした下半身の冷えや痛みといった症状を感じる方で尿量が多く、排尿の回数も多いという方に処方されるとあります。

 

効果・効能には

  • 体力が比較的低下した状態で下半身の冷え、頻尿、口が渇く、下半身のむくみがあるときの諸症状
  • 倦怠感、坐骨神経痛、夜尿症、頻尿、腹痛、冷え症

以上のような諸症状に対して効果を表すとされています。
処方の際の証は虚証、寒証、湿証に分類されます。

 

こんな方におすすめされている

  • 冷えによる腰の痛み
  • 手足の冷えが気になる
  • 冷えによるむくみ

 

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)のむくみへの作用

体の冷えや痛みといった症状、特に下半身の冷えやむくみやすい時などに用いられるとされています。体を温めて余分な水分を排出することで、冷えやむくみなどを改善するのに作用するのが特徴です。

 

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)の副作用

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)にも稀に副作用の症状がある場合がありますので、以下の症状が表れた時には医師、薬剤師、登録販売者に相談しましょう。

 

胃の不快感・食欲不振・軽い吐き気

 

稀にあるとされる重い副作用

偽アルドステロン症、だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ、痛み、筋肉のけいれん、ふるえ、低カリウム血症

 

配合生薬のうち、甘草の大量服用によって、表れる偽アルドステロン症が稀に表れる可能性があるため、初期症状を感じた場合には医師、専門家に相談しましょう。

 

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)に使用される生薬

茯苓(ぶくりょう)

利水、滋養、鎮静などの作用があり、動悸や筋肉のぴくつき、痙攣、むくみなどに用いられる、

白朮(びゃくじゅつ)

水の偏り、滞り、代謝異常などに用いられ、頻尿など作用する

乾姜(かんきょう)

生姜(しょうきょう)と類似生薬でショウガの根茎を湯通しして乾燥させたもの、生姜よりも冷えの改善効果が高いとされていて、温熱や健胃などの作用があり、下痢や腹痛、嘔吐などに用いられる

甘草(かんぞう)

腹痛、下痢、動悸といった症状に用いられ、鎮痛、鎮痙、咳を収めるなどの作用がある

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)を市販している主なメーカー

一元 苓姜朮甘湯 2000錠

  • メーカー:一元製薬
  • 分類:第2類医薬品
  • 成分・生薬分量:100錠中、ブクリョウ9.6g・ショウキョウ4.8g・ビャクジュツ4.8g・カンゾウ3.3g
  • 添加物:ステアリン酸マグネシウム、乳糖水和物、ショ糖脂肪酸エステルを含有
  • 用法・用量:大人1回4〜6錠、7才以上13才未満1回2〜3錠を1日3回
  • 内容量・形状:350錠・1000錠・2000錠|錠剤タイプ

 

※効果・効能につきましては一般的な処方例を元に記載していますが、効果・効能を保証しているものではありません。
詳しい漢方薬の説明は専門の薬剤師・医師に問い合わせをお願いします。

 

>>トップページへ