ショウキョウ 生姜

ショウキョウ(生姜)の効能・作用|生薬の種類

ショウキョウ(生姜)は皆さんもよくご存じの生姜(ショウガ)のことを指します。生姜は冷えやむくみに嬉しい働きが沢山あるため、漢方としてだけでなく、サプリメントや健康食品、食事といった様々な分野で用いられています。

 

通常の生姜から得られる健康面へのメリットには血行を良くするほか、体を温める、脂肪や糖の代謝の促進や血液をサラサラにする、他にも免疫力アップに嬉しい働きが期待できるとあります。

 

それに対して漢方的なショウキョウ(生姜)の効能には

 

  • 発汗:汗によって余分な水分などを排出する
  • 健胃:胃のもたれなどの不調に作用
  • 温胃:胃を温め冷えによって生じる吐き気に作用
  • 鎮吐:吐き気を鎮める
  • 解表:体表面の邪気を取り除く

といった効能があり、薬理作用として挙げられているのが、

  • 発散作用
  • 解熱作用
  • 抗痙攣作用
  • 抗消化性潰瘍作用
  • 血圧降下作用
  • 鎮咳作用

などがあります。
生姜が持つ体を温めて新陳代謝機能を高め、発汗作用などで、体の余分な水分や老廃物を排出、さらに食欲を増進させるなどの働きもあるとされています。

 

特に体に溜まった水分による不調とされる水毒による吐き気や下痢、咳、冷え、むくみといった症状を緩和させる目的で配合されることが多いです。

 

私達が認識している生姜の良さが漢方の分野でも同様に活きています。

 

ショウキョウ(生姜)のむくみに関わる作用

生姜が持つ、体を温めて発汗を促す働きで余分な水分の排出に作用します。他に血液の巡りを促す働きもあるため、むくみ対策の生薬として知られています。

 

冷えはむくみとセットのような存在ですので、この二つ両方に働きかけてくれるのが生姜の魅力とも言えます。

 

ショウキョウ(生姜)の副作用

摂りすぎによる腹痛や下痢、嘔吐を起こすことが稀にあるとされています。

 

ショウキョウ(生姜)に含まれる成分

ショウキョウ(生姜)の成分には

  • 6-ジンゲロール(辛味成分)
  • ショウガオール
  • ジンジベレン
  • ピネン
  • リモネン
  • シネオール
  • ゲラニオール

などが含まれています。一般的に生姜の体を温め、血行を促す効能はショウガオールという成分が関わっています。

 

ショウキョウ(生姜)の味(性味)の特徴

生薬の性味・五気では

  • 温性:体を温め、興奮作用を持つ
  • 辛味:体を温め、発汗、発散作用がある

以上に分類されます。

 

ショウキョウ(生姜)の原料

ショウキョウ(生姜)はショウガ科のショウガの根茎を乾燥させたもので、10〜11月に根茎を掘り、土や細かい根、外皮を取り除いて乾燥させます。

 

対して表面の皮を取り去ったあと蒸して乾燥させたショウガはカンキョウ(乾姜)と呼ばれており、ショウキョウ(生姜)はカンキョウ(乾姜)と比べると胃への働きや吐き気を止める効果が高いとされています。

 

生姜は熱帯アジア原産の多年草の一つで、50〜70cmほどの草丈を持ちます。
土の中に大きくなった茎を持ち、そこから鞘状になった葉の基部が茎のように伸びて、左右2列に葉をつけるのが特徴です。

 

インドや東南アジア、中国、アフリカ西部、中央アメリカ、ジャマイカやプエルトリコ、そして日本と世界各地で生産されています。
薬剤としてのショウキョウ(生姜)は中国からの輸入がほとんどです。

 

ショウキョウ(生姜)が使用されている主な漢方薬

  • ニ朮湯 (ニジュツトウ)
  • 越婢加朮湯 (エッピカジュツトウ)
  • 温経湯 (ウンケイトウ)
  • 加味逍遙散 (カミショウサン)
  • 葛根加朮附湯 (カッコンジュツブトウ)
  • 葛根湯 (カッコントウ)
  • 帰脾湯 (キヒトウ)
  • 桂枝加竜骨牡蛎湯 (ケイシカリュウコツボレイトウ)
  • 桂枝湯 (ケイシトウ)
  • 呉茱萸湯 (ゴシュユトウ)
  • 参蘇飲 (ジンソイン)
  • 柴陥湯 (サイカントウ
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯 (サイコカリュウコツボレイトウ)
  • 柴苓湯 (サイレイトウ)
  • 小建中湯 (ショウケンチュウトウ)
  • 小柴胡湯 (ショウサイコトウ)
  • 小柴胡湯加桔梗石膏 (ショウサイコトウカキキョウセッコウ)
  • 大柴胡湯 (ダイサイコトウ)
  • 釣藤散 (チョウトウサン)
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)
  • 排膿散及湯 (ハイノウサンキュウトウ)
  • 半夏白朮天麻湯 (ハンゲビャクジュツテンマトウ)
  • 平胃散 (ヘイイサン)
  • 補中益気湯 (ホチュウエッキトウ)
  • 防風通聖散 (ボウフウツウショウサン)
  • 防已黄耆湯 (ボウイオウギトウ)
  • 六君子湯 (リックンシトウ)
  • 半夏厚朴湯 (ハンゲコウボクトウ)

ショウキョウ(生姜)は様々な種類の漢方に配合されています。

 

ショウキョウ(生姜)を含む市販薬

ショウキョウ(生姜)を含む上述した漢方薬は市販薬でも販売されていて、名称が違う薬も販売されています。

 

クラシエ|当帰四逆加呉茱萸生姜湯

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)処方の漢方薬です。手足の冷え対策を目的として用いられます。
冷えによるしもやけ、下腹部の痛み、腰の痛み、頭痛などに効果が期待できるとあります。

 

生姜(ショウキョウ)の他に当帰(トウキ)、桂皮(ケイヒ)、?薬(シャクヤク)、木通(モクツウ)、細辛(サイシン)、甘草(カンゾウ)、大棗(タイソウ)、呉茱萸(ゴシュユ)といった生薬が含まれています。

 

第一三共|ルル滋養内服液

第一三共から発売されているルル滋養内服液です。テレビなどでも放送されていますし、コンビニでも購入できるので、ご存じの方も多いと思います。

 

ショウキョウ(生姜)エキスを58.2mg配合、さらにビタミンB群やニコチン酸アミド、他にもトウキ(当帰)エキスやニンジンエキスなどを配合しています。
風邪の時の滋養強壮に役立つ内服液です。

 

生姜(ショウキョウ)を使った漢方薬の特徴

生姜(ショウキョウ)を用いた漢方薬は実に様々ですが、一般的には風邪薬の成分として、もしくは内服液などの体を内側から温めて発汗を促すのに働きかける目的のものに含まれている傾向にあります。漢方薬では葛根湯がやはり有名で身近ではないでしょうか。

 

他にも肥満症を解消するための血行を促し新陳代謝をアップさせるといった目的で配合されることも多いです。

 

>>トップページへ