トウキ 当帰

トウキ(当帰)の効能・作用と含まれる漢方薬

トウキ(当帰)は古くから生薬としてだけでなく、ハーブなどでも利用されてきた植物を原料としており、特に女性の悩みに寄り添った効能を持つとされており、冷えや月経に関する症状など婦人科の症状に用いられる漢方薬にも使用されることが多い生薬の一つです。

 

トウキ(当帰)の効能には

  • 補血:不足した血を補い作るのに働く
  • 活血:血の流れを良くして流れをスムーズにする
  • 止痛:痛みを止めるのに作用する

といった効能があり、

  • 解熱作用
  • 筋弛緩作用
  • 抗アレルギー作用
  • 抗炎症作用
  • 抗癌剤の副作用軽減作用
  • 抗潰瘍作用
  • 中枢抑制作用
  • 鎮痛作用
  • 末梢血管拡張作用
  • 免疫賦活作用

などがあります。主に血の働きや流れを整え、止血にも働く他、体の潤いを保ち、女性の婦人科の症状などにも働きかけることがわかっています。
鎮痛や鎮静、強壮など体の痛みを沈めたり、元気にするためのサポートに用いられるというのも特徴です。

 

そのため、肩こりや腹痛、腰痛、月経痛、月経不順、月経困難、身体痺痛、女性の更年期障害、妊娠・出産に関わる症状、冷え症、貧血といった症状に用いられます。

 

トウキ(当帰)のむくみに対しての作用

むくみに関わる冷え症や貧血、肩こりといった血液の巡りに関わる症状に効果を表すため、むくみが気になる方向けの漢方薬にも使用されることが多いです。

 

トウキ(当帰)に含まれる成分

トウキ(当帰)に含まれる成分には

  • 精油成分(リグスチライド、P-シメンなど)
  • フェノール(カルバクロール、ブチリデン・フタライド、ザンゾトキシン、ベルガプテン、イソピンピネリン、アデニン、コリン)
  • 有機酸(フェルラ酸、ニコチン酸、コハク酸など)
  • アミノ酸
  • ビタミン(ビタミンE、ビタミンB12)
  • ミネラル(マグネシウム、セレン、カルシウム、鉄、亜鉛など)
  • 匂いの成分(フタリド類)

などが含まれています。健康食品の分野では高い栄養価を持ち、元気をサポートする成分としても知られており、アンチエイジングにも関わる老化防止、美肌作り、健康的な血管、細胞などを作るのに関わる栄養も含み、生活習慣病予防にも効果が期待できるとされています。

 

トウキ(当帰)の味(性味)の特徴

味は甘辛い味があります。
生薬の性味・五気では

  • 温性:冷えの症状を改善する
  • 甘い・辛味:補養、緩和作用など

以上に分類されます。

 

トウキ(当帰)の副作用

長期間の服用や多量摂取によって、咽頭痛や鼻孔の灼熱感などののぼせ状態、他にも胃腸障害も稀にあるとされています。
また、妊娠中あ使用を避ける必要がある他、糖尿病の方も使用しないと定められています。

 

トウキ(当帰)の原料となる植物

トウキ(当帰)はセリ科のトウキ属植物の根を乾燥させたものです。ハーブに使用される場合にも茶色い多肉質の茎部分を使用します。

 

原料となる植物は高さが60〜90cmほどあり、赤い茎とギザギザの葉が特徴です。夏から秋につける白い花が特徴で、セロリのような香りがするのが特徴です。中国や朝鮮半島の他、アメリカトウキやヨーロッパトウキも存在しており、日本でも生育されていて、国内では和歌山県高野町富貴地区を中心に栽培されています。他にも北海道産や奈良産なども流通しています。

 

イギリスなどでは健康食品や薬局でも取り扱いが多い馴染みがあり、人気の中医学のハーブとして知られています。

 

トウキ(当帰)が使用されている主な漢方薬

  • 加味逍遙散(カミショウヨウサン)
  • 女神散(ニョシンサン)
  • 人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)
  • 蘇子降気湯(ソシコウキトウ)
  • 大防風湯(ダイボウフウトウ)
  • 猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)
  • 通導散(ツウドウサン)
  • 天王補心丸(テンノウホシンガン)
  • 当帰飲子(トウキインシ)
  • 当帰貝母苦参丸料(トウキバイモクジンガンリョウ)
  • 当帰建中湯(トウキケンチュウトウ)
  • 当帰散(トウキサン)
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)
  • 当帰四逆湯(トウキシギャクトウ)
  • 当帰湯(トウキトウ)
  • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
  • 当帰芍薬散加黄耆釣藤(トウキシャクヤクサンカオウギチョウトウ)
  • 当帰芍薬散加人参(トウキシャクヤクサンカニンジン)
  • 当帰芍薬散加附子湯(トウキシャクヤクサンカブシトウ)
  • 扶脾生脈湯(フヒセイミャクトウ)
  • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)
  • 補陽環五湯(ホヨウカンゴトウ)
  • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)
  • 抑肝散(ヨクカンサン)
  • 抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)
  • 抑肝散加芍薬黄連(ヨクカンサンカシャクヤクオウレン)
  • 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)
  • 連珠飲(レンジュイン)
  • キュウ帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)
  • ヨク苡仁湯(ヨクイニントウ)

トウキ(当帰)を含む市販薬

上述した漢方薬以外に市販薬で、名称が違う薬も販売されています。

 

クラシエ|コッコアポ

手足、顔のむくみに効果を表す当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)処方の市販薬です。血流を良くしてむくみや冷えを改善するのに働きかけるのが特徴です。トウキの他にセンキュウ、シャクヤク、ブクリョウ、ソウジュツ、タクシャといった生薬が含まれています。

 

トウキ(当帰)を使った漢方薬、当帰芍薬散

トウキ(当帰)を使った薬で有名なのが、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)です。当帰芍薬散は冷えや貧血などを伴うむくみの症状などに処方され、他にも頭痛やめまい、肩こり、耳鳴りや頭痛の他に、婦人科の症状でもある、月経異常や月経痛、更年期障害といった症状にも用いられる漢方薬です。

 

>>トップページへ